LEDと豆電球の違い

最近、みんなのおうちでも使っているLED。

 

 

白熱球とは何が違うんでしょう?

調べてみます!

 

アインシュタインラボでは、両方回路に組み込んでよく使っていますね。

 

 

 

 

両方とても明るいですが、光っているところってどこなんでしょう?

 

 

豆電球だと、バネのようになっているフィラメントの部分が光っていますね。

 

顕微鏡で観察するとよくわかります。

 

 

 

 

では、LEDはどうなんでしょうか。

 

 

同じように細い金属があって、そこが光っているんでしょうか?

 

 

顕微鏡で覗いて調べてみましょう。

 

 

 

 

まずは、光っていない時。

 

豆電球と違って、中には2つのブロックが入っています。

 

 

よーく見ると、2つの間を金属の線が結んでいますね。

 

ここが光るのでしょうか?

 

 

では、光らせてみましょう。

 

 

 

光が強くて反射していますが…

 

 

どうやら、大きなブロックの一部(カップみたいなところ)が光っているみたいです。

 

 

豆電球とは、光る仕組みが違うようですね。

 

 

他にも違いがないか、また調べてみましょう。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print