オリジナル絵の具

今日は、図工の時間によく使う絵の具の科学のお話です。

このステキな絵、一体どうやって描いたと思いますか?

 

実はこれ、自作の絵の具で書いています。

すごいですね!!

では、どうやって絵の具を作ったのでしょう?

絵の具の材料には、大きく2つあります。

「顔料」とそれを混ぜるノリのような部分の「メディウム」です。

顔料の材料は、昔から色々使われていて、石や貝殻、ヒトデなどもその一つ。

なので、今回はホタテガイから作られているチョークを材料にしました。

 

なるべく細かくしていきます。

手がチョークまみれになるまでがんばっています!

 

これをメディウムと混ぜていきます。

しっかりと混ぜ合わせたらそれで絵の具の完成です。

 

色んなイラストも、これで自在!

 

もちろん、黒い顔料を使えば墨のようにもなります。

これは鉄の粉を顔料にして作った黒い絵の具を使っていますね。

 

普段使っている絵の具の秘密が解明されましたね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print