ヨウ素液でお絵かき

食べ物の栄養の1つである「デンプン」。

 

 

デンプンは「ヨウ素液」という茶色の薬品をかけると青紫色になるという特徴があります。

 

ご飯もこんなすごい色になっちゃいます。

 

 

でも、このデンプンですが、食べ物以外にも入っているんでしょうか?

 

 

では、今回はいろんな種類の紙にヨウ素液をかけてみましょう。

 

綿棒を筆がわりにして書いてみました。

 

 

 

すると・・・

色が変わっている!

 

茶色い薬品なのに、青紫色でお絵描きができちゃった!

 

食べ物じゃないのになんでだろう??

 

 

 

 

 

でも、紙なら全部色が変わるわけではないんです。

 

この写真は実験プリントにも使っているコピー用紙ですが…

 

 

こんな感じに変わらない紙もあります。

 

 

 

 

この写真の紙は、右がティッシュ、左がなんとトイレットペーパー!

 

トイレットペーパーには栄養が入っているってことですね。

なんだかすごい。

 

デンプンが入っているものと入っていないものの違いはなんでしょう?

いろんな紙で調べてみると面白いですね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Google+

Google+

Email this to someone

email

Print this page

Print