銀メッキをしてみよう

みなさんは、身近な金属にはメッキをされたものがあるのを知っていますか?

 

例えば、こんなもの。

 

 

メッキは、表面に薄く違うものが被さっている状態です。

なので、少し削っただけで中身が出てくるんです。

 

この紫色の線は、実は中身が銀色。アルミニウムでした。

 

 

 

でも、こんな薄くて均一な色どうやって塗っているんでしょう?

 

実はこれ、誰かが1つずつペンキのように塗っているのではなく

 

電気の力で貼り付けているんです。

 

 

自分たちでもできるか実験してみましょう!

 

今回は、こんな銅板(オレンジ)にメッキをしてみます。

 

 

 

使うのは、銀の成分が溶けた水です。

実は金属が溶けている水は、それだけで微弱な電気を帯びているんです。

 

これに金属を、漬けていきます。

 

 

しばらく待つと…

 

おや、なんだか色がどんどん変わっていきます。

 

5分ほど待つと、もう色が完璧に変わりました!

 

 

最初はオレンジだったのに、もう全面が銀色です。

 

色むらもほとんど無く、きれいにメッキができました。

本当に電気の力でメッキはできることがわかりましたね。

 

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print