抵抗の大きさ

電気の回路を組んでいると、

同じ電池を使っていても、つなぐものによって電気の流れる大きさが変わっています。

 

 

 

少し変わったものを繋げてみましょう。

 

今回は鉛筆の芯にチャレンジ!

 

 

鉛筆の黒い芯部分のみを取り出して繋げてみました。

材料は炭素なので電気は流れます。

 

 

 

 

 

 

 

では、電流はどれくらい流れるのでしょう?

 

 

では、電流計をつないでみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

数字で確認すると結果としてわかりやすいので、実験ではしっかりとした、数字で結果を残しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると、1Aも流れました。

 

 

 

 

 

 

そんなに抵抗の役割はないのかも?

 

 

 

さっきは、鉛筆の芯の端と端でつないだので、今度はギリギリの短さで調べます。

 

 

 

ギリギリくっつかないくらいですが、先程と電流は変わるのでしょうか?

 

 

 

 

同じ素材を使っているのに、だいぶ変わりましたね。2.1Aも流れました。

 

 

 

素材が少ない方が流れやすくなるみたいです。

 

大発見ですね!

 

 

 

ちなみに、定番の豆電球。

 

 

 

 

 

 

実はこれは、電気を流しにくくする抵抗の役割をするくらいなんです。

 

なので、鉛筆の芯と比べると…

 

 

 

だいぶ流れていません。

0.3Aです。

 

 

電気回路を作るのに欠かせない、抵抗にも色々種類がありそうです。

 

 

どの素材が流れにくいのか、など調べるのも楽しそうです。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print