炎の色

みんなは「火の色」って何色かわかるかな?

 

赤!
オレンジ!
青!

 

 

いろんな正解が聞こえてくるようです♪

 

実際に見てみると、例えばアルコールランプの火の色は
オレンジですね。

 

今日は、この火の色を科学の力でカラフルに変えちゃおう!!

 

使うのは色んな金属や薬品。

これを火にかけちゃおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはストロンチウム!

ストロンチウム自体は、白い粉状のもの。

 

 

でも・・・

火にかけてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火が赤くなってるぞ!

 

次は、銅。
今回使ったのは塩化銅っていう、薬品と混じって青くなっているかっこいい銅の粉!

 

これをかけてみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青緑の炎に変化!
魔法っぽい!!
そして、最後は鉄の粉。
黒いこの粉をかけると・・・

 

鮮やかなオレンジがパチパチ大きい火花を出しちゃった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花火みたいで大迫力だね!

こんな風に、火の色を変化させる科学の反応を

「炎色反応」

っていうんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の金属を振りかけたらどんな色になるのかも
ワクワクドキドキだね!

 

また今度、実験してみよう!!

この記事をみんなに教える
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page