お魚の不思議

皆さんは、お魚の体をよーく観察したことはありますか?

 

お刺身や干物になってしまうとわからない、お魚の体の秘密を見てみましょう。

 

ます、お魚の口には舌はあるのかな?

 

 

覗いてみましょう!

 

今回はアジの観察です。

 

人間と同じ動物ですが、どうでしょう?

 

 

 

ピンセットを使って口を広げてみます。

 

すると…

 

 

 

ありました!

 

口の横幅と同じくらいの舌を発見です。

 

口が思ったよりも、がばっと大きく開くのも発見でした。

 

 

では、体の色はどうでしょう?

 

魚もカラフルなものも多いですが、アジの場合は

上から見ると

 

 

 

青いような黒いような色をしています。

 

これは、海を泳いでいて、上から(空や泳いでるところより浅い場所から)の敵に気付かれにくくするためです。

 

日本の海は暗い青ですから、そっくりに見えて見つかりにくいんですね。

 

 

じゃあ、おなか側はどうでしょう?

 

 

 

お腹側は、白っぽいキラキラした色をしています。

 

実はこれも、敵から見つかりにくくする作戦。

 

お魚よりも下にいる(深いところ)敵が見上げると、空の太陽のキラキラした光に紛れてしまうんです。

 

 

少しでも敵に見つかりにくくする工夫が沢山なんですね。

 

お魚を観察していたみんなも、最初はドキドキして触るのが怖かったけど、だんだん慣れてきて、しっかり観察できるようになってきました。

 

他の場所も色々観察していこう。

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print