かき氷?

今回は実験で、こんなかわいいかき氷?を作りました。

 

 

 

モコモコしてるし、カラフルですね。

 

このかき氷…

実は左側の白い粉が変化したものなんです。

 

これは一体何なのでしょう?

 

まずは、この白い粉にカラフルなお水をかけてみます。

 

 

 

スポイト練習もしながらチャレンジです。

そーっとかけていくと…

 

 

 

最初はただの、さらさらした粉だったのにモコモコと膨らんできました!

 

この粉の正体は、実は吸水性ポリマーという、お水をためる性質のあるプラスチックなんです。

 

 

なので、カラフルな水をかけると、それをためこんで大きくなっていってるんですね。

 

もとの量からは考えられないくらい、沢山お水を吸収するので…

 

カップの底が埋まるくらいの、ほんの少量でもこーーんなモコモコになっちゃいました。

 

 

すごい変化ですね!

普段はオムツなどにも使用される物なので、この性質がしっかり利用されていることが証明できました。

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print