ドライアイスで遊ぼう

ドライアイスといえば、

アイスクリームを買った時についてきたりする

すっごく冷たいもの。

 

 

普通の氷よりも冷たくて、−79℃くらいの温度です。

 

 

 

見た目は氷のようですが、材料は水ではなく

「二酸化炭素」です。

 

 

なので、氷と違って溶けてもびしゃびしゃにはならず…

 

いきなり気体の二酸化炭素に戻っちゃいます。

 

なので置いておくと、消えちゃうんですが…

水やアルコールをつけると、こんな風に煙みたいになって出てきます。

 

 

 

煙を出してるので、ホバークラフトのようにフワフワ浮いてしゅしゅ!っと移動したり

 

 

 

ドライアイスが溶けて、二酸化炭素になってる様子はそのままだと見えにくいんですが…

こんな風にペットボトルの中にドライアイスを入れて~

 

 

しばらく置いておきます。

 

すると、どうなると思いますか?

 

 

そう!

風船が膨らんでくるんですよー!

 

 

 

 

このままさらに置いておくと~

どんどん大きくなって来ちゃいます。

 

これは、風船の中に気体になった二酸化炭素が入っていったからですね。

 

固体のドライアイスより、目に見えない気体の二酸化炭素の方が大きいサイズなので、どんどん膨らんじゃうんですね。

 

 

ちなみに、このまま置いておいたら風船が爆発しちゃいました!

 

びっくり!

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Google+

Google+

Email this to someone

email

Print this page

Print