冷たい化学反応

まだまだ暑い毎日ですね。

 

 

日々クーラーを使ったり、

冷たいアイスを食べたりして暑さに耐えているのではないでしょうか。

 

では、今回は科学の力で冷たいものを作ってみましょう。

 

冷蔵庫で冷やしたら冷たくなるのは普通ですが・・・

 

今回は冷たくないもの2つを科学変化させて冷たいものを作ってみます。

 

 

 

まずは、レモンの中に入っているクエン酸とホットケーキの中に入っている重そうを混ぜてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・

何だか急に冷たくなってきたぞ!

 

 

冷たくないもの同士を合わせたのに、化学変化によって触ってもわかるくらいに変化しました。

 

 

では、どのくらい冷えたのか温度計で調べて見ましょう!

 

 

 

クエン酸+重そうだと・・・

 

 

 

14度!

 

元の水の温度は22度くらいですので8度も下がったことになります。

 

 

このように温度が下がる物質を、

寒剤と呼んでいます。

 

 

寒剤は他にも種類があって、尿素という物質に水を加えると・・・

 

 

 

何と、9度まで下がっちゃいました。

科学の力を使うと温度まで変えられちゃうんですね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Google+

Google+

Email this to someone

email

Print this page

Print