声の形

みなさんは、

声を出すとき喉が震えるのがわかりますか?

 

 

この震えは、人によって全く違います。

 

もちろん、出す音によっても違うんです。

 

 

では、声の震えを形にして見てみましょう。

 

 

 

 

 

使うのは、ボウルにビニールを張ったもの。

 

 

ぴんと張るのがコツです。

 

 

ここに、まんべんなくお塩をふりかけてきましょう。

 

 

 

 

 

 

そこに大声で声の震えを伝えていきます。

すると…

 

 

塩に何か変化が起きてきました。

 

 

 

 

 

 

なにか模様ができました!

 

 

これは、「お」の形です。

 

 

 

なんだか、水玉模様のような形が浮かび上がっていますね。

同じ生徒さんの「あ」はこちら。

 

 

 

 

今度は波の模様みたいです。

同じ声でも違う言葉だと違う形になるみたいです。

 

 

だから違う音として聞こえるんですね。

 

 

ちなみに、先生の「あ」はこちら。

さっきの「お」にも似ているかも。

 

 

 

やはり、人によって声が違って聞こえるのは、音の形が違うからなんですね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print