手術の練習

大怪我をしたときに、

お医者さんは「手術」をして怪我を治してくれますね。

この時、どんな手術道具を使うのでしょう?

手術では、人の体を縫う「縫合」をするので普通の糸は使いません。

では、どんな風に違うか比較してみます。

 

顕微鏡で糸を2種類比べてみました。

すると

全然違うことが判明しました。

左が普通の木綿糸。

右が手術用の糸。

比べてみると、手術用の糸はツルツルです。

摩擦が少ないので手術に使いやすいんですね。

もちろん、針も形状がお家にあるものとは違っています。

 

カーブがついていることで、より縫いやすくなっています。

力も入れやすいです。

手術用の道具は、やはり特別ですね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print