水の結晶の色

今日は、暑い夏の中…

 

水の結晶。

つまり、氷の結晶を作る実験です!

 

結晶はちいさーーい物なので、もちろん顕微鏡を使います。

 

なので、スライドグラスに直接-196度の液体窒素をそそぎこみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もくもく白い煙が出てますね。

冷えて来ている証拠です!

 

まずは、自分の息の中の水蒸気を凍らせてみましょう。

 

液体窒素をかけたスライドグラスに息をかけると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い雪のようなものができました!

雪だるまみたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、ここに水を入れてみましょう。

氷は透明なので、形がわかりやすいように偏光シートを使ってみます。

 

すると…

こんなにきれいな形と色の結晶になりました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷の結晶には、色んな形があるんですね。

 

一瞬で消えてしまう結晶ですが、みんなしっかり観察できていました。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page