溶岩の穴の秘密

日本にたくさんある、火山。

 

 

 

 

 

 

火山が噴火して出てくる溶岩はどのようにできるのでしょうか?

 

 

溶岩を観察すると、沢山の穴があいています。

 

 

 

 

 

 

この穴の作られた要因は一体何なのかを調べていきましよう。

 

 

今回使うのは、①小麦粉+水 

 

②小麦粉+水+じゅうそう 

 

 

これを熱していきます。

 

 

 

 

 

比較してみると

なんだか、①の方はぺったんこです。

 

あんまり膨らんでないし穴も開いていなくて、溶岩には似ていません。

 

では、②はどうでしょう?

 

 

 

 

②の方は膨らんでいて、穴も沢山開いているのがわかります。

 

 

 

比較してみると、だいぶ違いますね。

 

 

 

 

 

 

断面を見ても、穴がたくさんです。

 

 

実はじゅうそう からは、溶岩の中に入っている「二酸化炭素」が出てきているんです。

 

 

二酸化炭素は気体なので、その気泡部分が形として残ったのがこの穴ということです。

 

 

 

 

 

そっくりにできました。

 

本物の溶岩も沢山の二酸化炭素が入っていると考えられますね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print