火の中身

みなさんは、火の中身って見たことありますか?

 

火は熱くて触ることすらできません。

では、どうやったら中をみることができるのでしょう?

今回は、ステンレス金網を火に当ててみることにしました。

すると

 

金網より上の部分の火が消えてしまいました!

スパンと火を切ってしまったんです。

火が燃える条件に、温度が高い時というのがあります。

つまり、冷たいものを近づけると火は消えてしまうんです。

この状態で上から覗くと

火の断面が観察出来ます。

なんだか、あつくなっている部分がドーナツのような形になっていますね。

つまり、火の中身は空洞ということが判明しました!

 

実験すると、普段見られないところも観察することができるんだね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print