直列回路と並列回路

みなさん、電気回路の実験好きですか?

 

お父さんお母さんの中には苦手…という方も多いかもしれません。

 

でも、アインシュタインラボのみんなは…

 

電気回路の実験の時はみんなこんな顔!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満面の笑顔で回路を組んでいます。

 

 

 

さて、ここで質問!

 

回路には

豆電球を横に一直線につなぐ直列回路と、

豆電球を縦に並べてつなぐ並列回路があります。

 

豆電球を増やした時、どっちの方が沢山電流が流れるでしょう???

 

 

意外と難しい問題かも…

 

 

 

よーし!

わからないときはやってみよう!!!

 

まずは、1つ豆電球を入れたときの基準となる回路だと…

 

明るく光る豆電球で、電流は335mA。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直列回路で電球2つにすると…270mAに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つにすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直列回路は、豆電球を増やすとどんどん電流が減っていきますね。

 

 

では、並列回路だとー?

 

同じ2つの豆電球でも、だいぶ電流が大きい!

直列回路だと270mAくらいなのに、

並列回路では、なんと600mA!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに3つにすると、もっと電流が大きく!

700mくらいまで上がります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうことで…

 

電流は、並列回路の方が沢山流れる!

 

でした!!

 

わかったかな?

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page