酸化の色

よく雨の後など、自転車や鉄棒が赤くなってしまうことがありますよね。

 

あれは、金属がサビてしまったからなんです。

 

でも、サビにはいろんな種類があります。

 

サビってそんなにきれいなイメージはないですが…急激にサビさせると、全く違うんです!

 

方法は簡単。

 

火にかけるだけです。

 

 

今回は、銅の板を熱してみましょう。

 

じっくりと熱しているところを見てみると〜

 

 

 

熱しているところから色が変わってきました!

 

火から下ろすと、なんとこんなきれいな色に!

 

 

虹色に変化しました。

じてんしゃの赤いものは、ゆっくりとサビています。

サビは空気中の酸素の金属がくっつくことで出来るので、火にかけると急激に酸素とくっついているんですね。

 

 

この色は、アルコールでふいても取れない色。

取るにはどうするかというと、表面を削るしかありません。

 

 

 

 

黒い粉が出てきたら、削れている証拠です。

どうなったでしょう?

 

 

 

 

まっさらな銅の板に戻りました!

 

表面もキラキラです。

 

金属のサビもこんな風にきれいな実験になるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print