魚の目

もうすぐ2018年終わりですね。

今年もアインシュタインラボで、みんなと一緒に実験ができてとても楽しかったです。

 

今年最後のご紹介は、お魚の目!

 

お祝い事で鯛のお頭などを見ることもあるかもしれません。

 

もし、その時はお魚の目の形をチェックしてみましょう!

 

 

 

お魚に限らず、生物の目の中には、水晶体というビー玉のわうなものが存在しています。

 

焼いたお魚だと、白いビー玉のようなものを見つけてみてください。

 

 

 

 

 

実は、生物によって、この水晶体の形は違っています。

 

人間の場合は凸レンズのような形をしていて、真ん中が膨らんでいる形です。

 

 

では、なんでお魚はビー玉のようようにまん丸なんでしょうか。

 

 

これは、お魚の住んでいる場所に関係があります。

 

 

つまり、水の中に住んでいるからこそのかたちなんです。

 

 

透明なビー玉で比較してみると…

 

 

陸上では、大きく見えて便利ですが、実際のサイズとは違い少し見えにくいです。

 

 

ですが、これが住んでいる水の中に移動して観察してみると…

 

 

 

 

見える範囲も大きく、見えやすくなりました!

 

人間と違い、目が固定されていないのも要因の一つですね。

 

 

年末年始、ぜひお魚の目を気にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print