宝石みたいな栄養

以前、ラボの実験で

ごはんやパンの中の栄養である「でんぷん」を発見する方法をご紹介しました。

 

 

茶色いヨウ素液をかけて、青紫色になったらでんぷんがある証拠でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、その栄養素を顕微鏡で観察してみます!

 

まずは、でんぷん。

 

ヨウ素液で色が変化した状態を見てみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい粒がパラパラと見えますね。

 

 

これが、でんぷんです。

ちゃんと形があることがわかります。

 

ちなみに、でんぷんの入っているジャガイモなどは煮ることも多いですので…

 

スープを作るように似てみたら、でんぷんはどうなるのでしょう?

 

 

実は…

こんな、大きくなっちゃうんです!

 

 

 

 

 

顕微鏡の倍率は同じなのに、

大きくなったのがわかりますね。

 

 

 

なんだか不思議です。

 

 

 

 

では、他の栄養素にも形はあるのでしょうか?

じゃん!

 

 

 

 

 

実はこれも栄養素です。

なにかというと…

 

 

 

栄養の中でも有名なビタミンなんです!

 

 

 

これは、顕微鏡を偏光させているのですが…

まるで宝石のようです。

 

 

 

 

 

 

見る角度によって、こんなに色んな様子が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とってもきれいですね。

これを食べているかと思うと、なんだかとてもすごい気がします。

 

 

食べ物には他にもたくさんの栄養があります。

また違う栄養も観察してみましょう。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Google+

Google+

Email this to someone

email

Print this page

Print