不思議な生物

今日は不思議な生物をご紹介します。

 

まずはこちら!

 

 

ぱっと見は、ただの茶色の塊…

スポンジっぽい感じですね。

 

 

これを脱色したものを切ってみると…

 

 

 

サクサクと切れて、なんだか穴がいっぱい!

 

 

さらに顕微鏡で見ると…

 

 

網のような形になっています。

ほんとに生物なのか疑問に感じてしまう見た目ですね。

 

ところが、これは「海綿」という海の生物なんです。

穴がたくさんあるのが特徴なんです。

 

これが生物とは、なんか不思議ですね。

 

 

次はこちら。

 

 

 

まるで、お菓子みたいな見た目です。

 

これはとても小さくて、顕微鏡で見ないとここまで大きくは観察できません。

 

 

そう、一見砂にしか見えないんです。

なので通称「星の砂」と呼ばれる生物で、

名前は「有孔虫」といいます。

 

模様のように見える点々は、実は穴で…

生きている時はそこから触手が伸びているんだとか。

 

知らない生物は、まだまだ沢山いるようです。

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print