みんなの息

みなさんが毎日している「呼吸」。

空気を体に入れているのはわかりますが、具体的にはどんなものを出し入れしているのでしょう?

一般的に出している空気、「呼気」は二酸化炭素が多いと言われています。本当でしょうか?

今回は、「呼気」について調べてみます。

使うのはBTB溶液という薬品です。

これは、液体の酸性、中性、アルカリ性を調べることができる薬品です。

何もしていないときは、中性の緑色をしています。

 

二酸化炭素を加えると、どんな変化があるのでしょう?

ます、二酸化炭素が沢山溶けている炭酸水を調べてみます。

あのシュワシュワの正体は、実は二酸化炭素なんです。

実験してみると

 

右は元の色。

左が炭酸水を加えた色です。

一気に黄色に変化しました。

つまり、二酸化炭素を加えた水は「酸性」ということです。

では、みんなの呼気を加えてみましょう。

最初は緑色。

 

さぁ、ストローで息を思いっきり吹き込んでいきましょう。

ブクブク沢山入れていきます。

すると

どんどん黄色に変化していきました。

 

やはり、みんなの呼気も酸性、つまり二酸化炭素の性質が出ましたね。

息を入れただけで、薬品の色が変わるとなんだか魔法のようです。

楽しい実験ができましたね。

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print