顕微鏡でのぞくと

今日は、最近授業でみつけた不思議なものたちをご紹介します。

 

顕微鏡を使っていると、普段見えない不思議なものが沢山見つかります。

 

 

 

2種類の顕微鏡を駆使して、みんな普段目には見えないものをどんどん発見していきます。

 

 

では、

1つ目はこちら。

 

これは、何もいないなと思って観察した池の水の中で発見した微生物。

なんだか、エビみたいな見た目です…

ただの水にこんなすごい生物が生息しているんですね。

 

 

では、2つ目。

 

 

こちらは、いわゆる「星の砂」と呼ばれている、有孔虫という生物。

実際は砂つぶサイズです。

 

顕微鏡で見ると、星のような形がはっきりしますね。

実はたくさん穴が開いていることも観察できます。これが生物なのかと、なんだか不思議な感じがしますね。

 

 

そして3つ目。

これは、ほかの2つと違いサイズがとても大きいので実体顕微鏡での観察です。

 

 

ぱっと見では何を観察しているのかわからないかと思います。

 

なんだか、オレンジでわしゃわしゃしているところがありますね。

実はこれ…

カブトムシの口なんです。

 

あんなかっこいいカブトムシはのご飯は蜜。なので、お口はなめやすい構造なんですね。

 

 

また顕微鏡で色んなものを発見していきましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print