葉の口?

植物はどこで呼吸をするのでしょう??

 

 

植物には私たちのような鼻や口がありません。

 

 

ですが!

葉の裏側に実は気体を出し入れするための穴が沢山開いているんです。

 

 

名前を気孔といいます。

 

肉眼で見ても全然わからないので

顕微鏡を使ってみましょう。

 

そのために、葉の裏の薄皮をそーっと剥ぎます。

 

 

慎重にしないとすぐ破けてしまうので大変な作業。

 

これを見てみましょう。

 

2つの細胞に囲まれた小さな気孔が沢山あるのがわかります。

 

 

少し大きくしてみるとこんな感じです。

 

あ!

気孔の周りの細胞をよーく見てみると緑の粒が入っていますね。

 

これは実は、葉を緑にするための葉緑体なんです。

 

こんなところにもあるんですね。

 

よく見ている葉にこんな風に穴が空いてるなんてすごい発見!

色んなものを大きくみると楽しい発見がいっぱいあります!

この記事をみんなに教える
Share on Facebook

Facebook

Tweet about this on Twitter

Twitter

Email this to someone

email

Print this page

Print